CASE導入実績

蔵スター|アパレルメーカー倉庫 流通加工に柔軟に対応した大規模アパレル倉庫業務用システム

中部地方 アパレル会社物流部様

規模

敷地面積  3,500坪
延べ床面積 4,500坪(本館)
      2,600坪(外部倉庫)

システム構成

サーバー FTサーバ:1台
APPサーバ:3台
EDIサーバ:1台
ラベルプリンタ:20台
無線ハンディータミナル:100台

物量

最大保管能力:55,000ケース
入出荷点数:1,330,000/年
約30,000/日(総バラ)
配送先 7,000件※登録件数
     300件※常時

主要設備

単品管理ラック:2,085台
荷物用エレベータ:3基
垂直搬送機(ハイトロリー):1基
集品カーゴ:150台

業務イメージ

概要

荷主受注管理システムから受信する入出荷予定データを自動受信し、入荷予定リストを出力。
目視検品の後、伝票を基に入庫予定データ―とつき合せてPC入力での入庫登録を一括で行う。
(※HTにて着分の伝票と商品バーコードを読み込むことにより入庫とする機能も搭載している)
商品はケースはフリーロケ、バラは固定(PIC)のロケーションに割り当て、在庫管理を行う。
出荷予定を基に伝票を発行する。伝票は荷主の売上伝票、取引先顧客用の専用伝票がある。

出荷作業においては効率を考えて、まず商品+取引先毎でトータルピッキングを行い、店振りリストを印刷する。
値札データはピッキング単位で作成される為、そのままスムーズに値札印刷を行い値付けを行っていく。値付けが終わったら印刷した店振りリストにより店別に蒔いていく。この運用により、加工の労力の大幅な削減をし、作業者のスキルに依らない間違いのない値付け→仕分けを行うことが可能となっている。
出荷に伴い各種量販店向けのASNデータ、SCMラベルの発行機能も用意されている。
返品業務もパッケージに含まれている。返品受付が発生すると、梱包内の伝票と、商品(+商品状態)のタグのHT読込により結びつけ、良品のものは専用工場へ入庫され、不良品については不良品用倉庫へと格納する。

CONTACTお問い合わせ

物流・倉庫管理システム(WMS)、DC倉庫、TC倉庫、メーカー・アパレル、生産物流、
SCM検品対応はワム・システム・デザインにご相談ください。

お急ぎのお客様へ、お電話での
お問い合わせも受け付けております。

システムコーディネート室 受付係まで「ホームページを見た」の一言でお気軽にご相談下さい。

お問い合わせフォームからは24時間
受け付けております。